女の子とペット

大切な犬の変化に気づく|癌は早期発見が大事

大切な家族の一員を見送る

御骨

いろいろなサービスがある

大切なペットが死亡した時、その亡骸をどうするのかという事は明確に記されているわけではありません。大きな土地を所有している場合などは、その敷地に埋葬することも違法ではありません。マンションに住んでいて庭がない、大型犬を埋葬するスペースは取れない、といった理由から行政にお願いすることも多くあります。ただし行政にお願いした場合は、一般廃棄物として処理されることとなってしまいます。そこで、家族の一員として可愛がってきたペットを、温かく送り出したいという事でペット葬儀が人気となっているのです。ペット葬儀には種類があり、他のペットと一緒に火葬する合同火葬と自分のペットのみを火葬できる個別火葬があります。合同の場合は、遺骨は返されることなく、他のペットの骨と一緒に埋葬や納骨をされることがほとんどです。一方、個別火葬の場合は家族が立ち会える場合もあり、遺骨が手元に戻すことが可能です。最近では、ペットも家族の一員であるとの考え方から、火葬だけでなくお通夜やお葬式を行う場合もあります。親しい知人を呼んで偲ぶ場合もあります。きちんとした葬儀を行う場合は、ペットの毛並みや尻尾を整えたりしてあげるといいでしょう。ペット葬儀を専門に行う業者では、これらのサービスと火葬、納骨などをすべて行ってくれるところがあります。一緒に過ごした大切なペットを悔いのないよう見送ってあげるためにも、最適なペット葬儀サービスを利用するようにしましょう。