飼い主と犬

大切な犬の変化に気づく|癌は早期発見が大事

大切な家族の一員を見送る

御骨

大切なペットが亡くなったとき、広い土地を所有している場合は土葬する場合があります。その他にも行政にお願いすることも出来ますが、その場合は一般廃棄物として処理することとなります。そこで今まで一緒に過ごしてきたペットを温かく送り出すために、さまざまなサービスのペット葬儀が人気となっているのです。

一緒にいると元気になる

ドッグ

ポメラニアンは時に攻撃的な態度になる事もありますが、元々の性格が攻撃的というわけではありません。しつけの所をしっかりしていればとても頼りになる存在で、元気いっぱいの可愛い姿や、甘えん坊な所など沢山の愛らしい姿を見せてくれます。間違いなく癒しの存在になる事でしょう。

増加傾向のペットの病気

動物病院

ペットの病気の対処法

犬を飼われる人が年々増え続けている中で、「癌」を発症する犬も同様に増加の傾向にあるとされています。近年の犬の癌の増加は、長生きする犬が増えていることが最大の要因と考えられています。獣医学の目覚しい進歩、質の高いペットフードの広まり、飼い主の手厚い飼育環境などにより、ひと昔より格段に犬の平均寿命は延びています。犬も人間同様に「老化」が進むと、異常分裂を繰り返す細胞が増えやすくなり、この異常細胞が「体内の免疫力」を上回って増殖していく状態が「癌」なのです。また老化の他に、紫外線やウィルスの侵入、ストレスなども癌発症の要因とされています。そして飼い主がヘビースモーカーである場合、犬も人間同様に「受動喫煙」が原因で癌が発症します。室内でペットを飼っている人は、ペットの健康を考慮し室内での喫煙はなるべく控えるようにしましょう。犬の癌の代表的な症状が、体重の減少、食欲の低下、微熱の持続、リンパ節の腫れです。どの症状もなかなか飼い主は気付きにくく、様子がおかしいと感じ動物病院を受診した時には、かなり癌が進行してしまっているケースが殆どなのです。少しでもペットに異変を感じたら、すぐに受診、検査を行いましょう。特に犬は10歳を超えると癌の発症率が一気に高まりますので、日頃からこまめに熱や体重を測り、微熱が3日以上続く、体重が減少し続けている場合には、早急に動物病院を受診して下さい。また何の異常も見られず健康であっても、癌の早期発見の為に、年に一回は動物病院でペットの「健康診断」を受けることをお薦めします。

大人気なミックス犬

犬

小型犬のマルチーズとトイプードルの交配によって誕生したのがマルプーです。マルプーは、マルチーズとトイプードルの良い面を両方を兼ね備えているために、ミックス犬の中でも人気が急上昇している犬種です。